DaysFor...
年の差純愛、24時。 生きてきた時間の長さ、今年でちょうど2倍。 彼と見た、いろんな東京のまち。忘れたくない言葉とか、書き溜めておきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜の留守番電話

あんまり電話なんかかけるの、情けないから
あんまりかけないようにしている


でもどうしても、声を聞きたくなることがあって
結局、彼はまったく電話なんてしてこなくなったのに
(会って数ヶ月は毎日のようにかけてくれていたのに)
つい、つい、かけてしまう


もうパターンも、覚えてしまった
3コール鳴ってから、留守電
だからあたしは、祈るように3コールを待つ
その瞬間に、奇跡が起きればいいと思う


所詮わたしと彼の関係なんて、一方通行で
一方的に惚れたわたしを、
あやすようにたまに会ってくれる関係なんだ、ってこともわかってる


それでも
3コールの瞬間は、大事な奇跡


彼は、打ち合わせや編集の間は逆に、直通で留守番電話にしているから
ワンコールも聞かせないで「留守番電話に…」とがなる
留守電コールの音をわたしは、
なにかひどく絶望的なもののように聞いて


らしくもないのに彼との電話を手帳にシールでメモり
ああ、もう1週間もかけてきてくれない、とか
2ヶ月前は毎日のように話してたのに、とか思っては
彼がいつか私から離れていってしまうことを憂う


それはほんとうにいつか、
きまって訪れるはずのことなのに


「いつかは別れなきゃいけない」
それは、不倫と年の差恋愛の共通する、
シュールなネタだった
スポンサーサイト

テーマ:*不倫 de 純愛* - ジャンル:恋愛

最近、水曜日。

最近は
水曜日に会うことが多い


先月、わたしがあまりに不安定だったせいで
この間、彼ははじめてわたしに本気で詫びた
「悪かったよ。お前を放っといて」


いそがしいのは、十分わかっていて
同業界だけに、いそがしさの振れ幅や繁忙期もわかっている
だから、なにも言わない
言わないけれど、染み出すものらしい


でもそれで何かが変わったかと言えば変わらずに
昨日も彼は、いつも「飲んだくれるな、摂生しろ」って言うくせに
冷蔵庫を空けたら缶のお酒が入っていて


ローズ&なんとか、っていうそのお酒をグラスに注いで
鮮やかなピンク色に「かわいい」って言ったら
2箱目の、煙草をあけて
「自分のダメさを、酒でカバーする俺
 …どうしようもねえな」


どうなのよ、それって
思いつつ、笑った

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

 相坂 優

Author: 相坂 優
恋するトーキョー@白金。
不倫が不倫じゃなくなって、もうすぐ1ヶ月経っちゃいそうです。

ROM/コメント大歓迎。

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。