DaysFor...
年の差純愛、24時。 生きてきた時間の長さ、今年でちょうど2倍。 彼と見た、いろんな東京のまち。忘れたくない言葉とか、書き溜めておきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会ったときのこと:その2

そんなわけで
前回にひきつづき、出会った日の話。


結局家の前まで送ってもらったわたしは
そのほんの10分程度の道のりで、いろんな話をした
だいたい人見知りだったり素直じゃなかったりするので
あんまりしゃべるのは上手くないんだけど


そして彼も
会って数分とは思えないほど、
旧知の友人に近況報告をするように自分のことを話した


わたしは、こんな偶発的すぎる出会いにちょっと大胆になっていて
車を停めたところで、片足だけ車の外に出して
いつでも、なかったことにして逃げられるようにしながら言った
「あなたを好きになりました」


彼は、笑いも驚きもせずに
「○○○○っていいます」
と、名乗った



びっくりしたのはわたしの方である
というのも、名乗られた名前をわたしは知っていたからだ
わたしのいるギョーカイは、フリーの人間が名をあげることが多く
いわゆる大御所と言われて雑誌やテレビに載っちゃったりするような
そんなひとだったのである


「…本物?!」
「なんで知ってんの」
「同業界だから?」
「ああ、そうかもな」


だから話が上手いんだ、と納得しつつも
なんとなく前にもうしろにも行けなくなってしまったわたしを
半分おもしろがるように、半分面倒くさそうに
「コーヒー飲む?」
って、言って


その2時間後に、
今は無き赤坂のとあるホテルで、1杯のコーヒーを飲んだ
本気で、コーヒーを1杯、飲んだだけで
「ここの中庭の池の鴨は、優しいんだよ
 朝な、エサ係がエサ持ってくると、この鴨がくわえて
 バーっと池の鯉にばら撒いてやるんだよ」
そんな話をして目を細める彼を
わたしは、出勤時間ぎりぎりまで、コーヒーラウンジで見ていた


でもそのときはまだ
コトの重大さをわたしは認識していなくて
「軽い火遊び」のように、思っていた気も、今となってはする


渡された、厚めの紙の名刺を仕舞って
「結婚してるんですか」って聞いたら
「嫁はいるけど家は無い。だからここに住んでる」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

 相坂 優

Author: 相坂 優
恋するトーキョー@白金。
不倫が不倫じゃなくなって、もうすぐ1ヶ月経っちゃいそうです。

ROM/コメント大歓迎。

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。